福岡市内産「かつお菜」について

1月の小学校献立では、福岡市内産かつお菜を使ったお雑煮が登場します!

かつお菜の生産者さんにかつお菜について教えていただき、給食でかつお菜を食べる皆さんにメッセージをいただきました!

福岡(ふくおか)の正月(しょうがつ)には欠(か)かせないかつお菜(な)は、古(ふる)くから福岡(ふくおか)で、お雑煮(ぞうに)などに使用(しよう)されてきた伝統(でんとう)野菜(やさい)で、早良区(さわらく)の入部(いるべ)や西区(にしく)の橋本(はしもと)を中心(ちゅうしん)に、育(そだ)てられています。

 

名前(なまえ)の由来(ゆらい)には諸説(しょせつ)ありますが、汁物(しるもの)に入(い)れるとカツオ節(ぶし)がいらない程(ほど)風味(ふうみ)がでることから「かつお菜(な)」と名付(なづ)けられたと言(い)われています。

 

かつお菜(な)を早良区(さわらく)入部(いるべ)で育(そだ)てている樋口重剛(ひぐちじゅうこう)さんによると、お雑煮(ぞうに)以外(いがい)にも煮物(にもの)や和(あ)え物(もの)、漬物(つけもの)としても美味(おい)しく食(た)べられるかつお菜(な)ですが、お勧(すす)めの食(た)べ方(かた)は、かつお菜(な)どんぶりだそうです。

 

(注(ちゅう):かつお菜(な)どんぶりは親子(おやこ)丼(どん)にかつお菜(な)を入(い)れたものです。)

 

かつお菜(な)は、葉(は)がチリチリに縮(ちぢ)れているのが特徴(とくちょう)ですが、気温(きおん)や種(たね)によって縮(ちぢ)れ具合(ぐあい)に差(さ)がでるので、よく縮(ちぢ)れる種(たね)を選別(せんべつ)したり、収穫(しゅうかく)時期(じき)を調節(ちょうせつ)したりして、工夫(くふう)しているそうですよ。

かつお菜(な)は福岡(ふくおか)のお正月(しょうがつ)には欠(か)かせない野菜(やさい)ですが、育(そだ)てられているのは福岡市(ふくおかし)を中心(ちゅうしん)に、糸島(いとしま)や北九州(きたきゅうしゅう)、粕屋(かすや)など福岡(ふくおか)県内(けんない)でしか育(そだ)てられていない野菜(やさい)なので、他(た)の地域(ちいき)では市場(いちば)関係者(かんけいしゃ)でも、かつお菜(な)を知らない人(ひと)がいるらしいです。

お正月(しょうがつ)のお雑煮(ぞうに)に登場(とうじょう)するかつお菜(な)ですが、年(とし)が明(あ)けて1番(ばん)寒(さむ)い時期(じき)に育(そだ)ったかつお菜(な)は、糖度(とうど)が上(あ)がり味(あじ)が濃(こ)くなってより一層(いっそう)おいしくなるそうですよ。

 

最近(さいきん)では、福岡(ふくおか)から東京(とうきょう)や北海道(ほっかいどう)に引(ひ)っ越(こ)した人が、かつお菜(な)の味(あじ)が忘(わす)れられずに、送(おく)ってほしいと言(い)ってくるそうです。

お知らせ一覧へ戻る